1. ホーム
  2. トピックス
  3. タイ インテリアショップ取材記②

トピックス

タイ インテリアショップ取材記②

投稿日 2018年5月10日 インテリアコーディネーター

2、kenkoon

1

1990年に設立されたタイの家具メーカートップブランドの1つ。1995年よりスウェーデンの大手アウトドア家具メーカーと提携し、主にヨーロッパ市場に力を入れてきたメーカー。kenkoonブランドは10年になる。従業員数200名で年商2億バーツ(≒6.4億円)。イタリア、フランス、シンガポール、日本に輸出しており、日本への輸出量が最も多い。今後東南アジアへの進出を目指している。

素材に使っているミヤンマーチークは材齢30年以上のものを使っている。社長の兄弟がデザインを担当しており、特に家具の仕口にこだわっている。男性的なシャープなデザインが特徴。

 

2

 

3

 

4

 

5

チークとアイアンを見事に組み合わせた私が世界で今まで見た中で最もデザインレベルの高いキッチンであった。最新作。これは世界で評価されると確信。

 

6

 

7

 

8

 

9

 

10

 

11

 

12

 

13

 

14

 

15

 

16

 

17

 

18

 

19

 

20

 

21

 

 

3、DEESAWAT

1

創業40年タイの家具メーカートップブランドの1つ。創業当時は中国風(シノワズリ)家具を香港の職人を雇って製作していたが、時代とともに衰退し、ミヤンマーチークをメインとしたデザイン家具に転換。従業員数150名。家具、フローリング、建具のメーカーであり、60:30:10の割合。イタリア、フランス他ヨーロッパ諸国、マレーシア、日本に輸出しており、日本への輸出量が最も多い。デザインはゼロファーストデザイン(東京都目黒区)が多くの商品を担当。リゾートホテルをメインターゲットとしており、女性的なソフトなデザインが特徴。

 

1112

 

13

 

14

 

15

 

16

 

17

 

18

 

19

 

20

 

21

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 

9

 

10※写真はメーカー提供

 

 

kenkoonとDEESAWATは互いに認めるチークの素材を活かしたタイの家具トップブランドである。ミラノサローネに出展するほどの世界トップレベルである。kenkoonが男性的シャープなデザインに対し、DEESAWATは女性的ソフトなデザインで棲み分けも互いに理解して切磋琢磨している。「STYLE April 2018」において「マテリアル(素材)」と「デザイン」の2つに絞った取材をしたが、この2社がこだわっているポイントと重なる。タイにかかわらず、今世界に認められる要素がそこにあるのだと確信できた取材となった。

 

 

最後にタイの取材機会を与えて下さったタイ国政府通称代表事務所広島のパンニー所長と出張手配をしてくださった國貞さん、適切な日本語通訳でタイを伝えて頂いたウィーさん、ノニさん、ワシンさん、そしていつもタイ訪問でお世話になっている幼馴染の先輩、堂道さんに感謝の意を表して取材記を報告させて頂きます。ขอบคุณ ครับ!

final

通訳のウィーさんとLhong1919にて。3日で3kg太りました。

各校のご案内
(広島校)インテリアコーディネーターと二級建築士の学校 
(周南校)インテリアコーディネーターと二級建築士の学校 
(山口校)インテリアコーディネーターと二級建築士の学校 
(大分校)インテリアコーディネーターと二級建築士の学校
新大阪丸ビル別館 2-1A
品川インターシティ 会議室6
(佐賀校)インテリアコーディネーターと二級建築士の学校
エイムアテイン博多駅前会議室
カリエンテ山口
受講生の声
住宅デザイン研究所(広島本校)
〒730-0051
広島市中区大手町2-5-11はるぜんビル6階(TEL:0120-955-395)

ページトップへ